飲食店メニュー開発

■イデアレストがご提供する“飲食店メニュー開発とは、
 ご訪問におるメニュー開発プログラムとリモート(ZOOM)を活用したリモート
 によるメニュー開発プログラムをお選びいただけます。
 また、飲食店メニュー開発 には新規開業店舗向け、既存店舗向け、多店舗(チェーン店)向け、  
 有名店PBの購入などさまっざまな“飲食店メニュー開発”のサービスをご用意していおります。
 お気軽にご相談ください。

■飲食店 開業・既存店向け 訪問型 飲食店 メニュー開発

ヴィーガン 飲食店メニュー開発

飲食店メニュー開発

 お店のターゲット(お客様)層と経営者様のご要望、そして、作り手の技術力に合わせご提案、メニュー機発を行います。  飲食店メニュー開発 は、レストラン、ダイニング、ヴィーガンフードなどさまざまなジャンルに対応した料理やスイーツをオリジナルにてお作りいたします。

飲食店メニュー開発 の詳細はこちらをクリック!

季節 飲食店メニュー開発

季節&月間お勧め 飲食店メニュー開発

お客様を飽きさせない、そして、次に来店していただくためのフックとして、「季節&月間おすすめメニューは飲食店にとって重要な集客戦略のための商品です。
春夏秋冬の季節の旬を使った年4回の季節メニュー開発と、年間6回OR12回おすすめメニュー開発を行うプログラムです。メニュー開発の回数など、お気軽にご相談ください。

季節&月間おすすめ 飲食店メニュー開発の詳細は
こちらをクリック!

■飲食店 開業・既存店向け リモート型 飲食店 メニュー開発

パンケーキ 飲食店メニュー開発“ 飲食店 メニュー開発 ”における打ち合わせやご提案、試食会時の質疑応答、意見交換、
調理動画の質疑応答は全てズーム(ZOOM)によるリモートで行います。
“ メニュー開発 ”は、弊社のテストキッチンで実施し、出来上がったメニューサンプルを貴社に送付し、で商品の味を確認していただきます。
※ただし、生クリーム系、クリーム、カスタード、フルーツなど一部、冷凍、冷蔵ができない商品につきましては、リモートではなく実際にお伺い、あるいは、弊社テストキッチンにて試食会を行います。

「飲食店開業・既存店向け リモート型 飲食店メニュー開発 プログラム」の詳細はこちらをクリック!

■ PB(プライベートブランド)商品における 飲食店 メニュー開発

イデアレストでは、目的に合わせたプライベートブランド(PB)商品の メニュー開発 をフルサポートいたします。

●プライベートブランド(PB)とは、
プライベートブランド(英語: private brandの頭文字をとってPB)。
自主企画商品で製造から商品化までを自社で製造したもの。あるいは、食品工場が依頼主である 飲食店 のほぼレシピ通りに作る食品です。なので、かなりお店の味に近い商品が出来上がります。

既存商品(タレ・ソース・スパイスなどの調味料や、ハンバーグのパテ、カットブレンド野菜など、
チェーン店化(同業種業態)する際に、セントラルキッチン(集中調理場)仕込みを一括で行うことで店舗の仕込みを無くして人件費を抑えるこことや、1箇所で大量仕入れでコストダウンができるメリットがあります。
外食のPBのスタートは、ロイヤルホストやマクドナルドが代表的です。
このように聞くと「なんだ大手しか関係ないのか」と感じてしまいますが、
最近ではラーメンやカレー、鍋物専門店などといった単一業態である場合、
スープとスープダレを小さなキッチンで作ったり、カレールーを作ったりしてPB化しているお店も
少なくありませんし、ソースやスパイスなども多くの多店舗化で活用しています。

●OEMとは、英語のOriginal Equipment Manufacturingの略語で、「自社(オリジナル)製品の製造者」を意味します。仕様書発注の商品とも言われ、食品工場で取り扱っている食材や商品、調味料を使い、レシピに近い商品を作ることをいいます。
PBと比較すると近からず遠からずで、修正もさほどできませんが、作った商品に納得できれば
効果はPBと同じということになります。弊社ではできる限り、
ご依頼食材に近づけるべくPBによる メニュー開発 をお勧めしております。

多店舗化(チェーン化)やフランチャイズチェーン化を目指すなら、プライベートブランド(PB)商品は必須アイテム!
 イデアレストでは、このPB商品を経営者様の目的に合わせて“ メニュー開発 ”を行い、製造方法のご提案から商品納品まで対応させていただいております。

 

貴社開発・製造のPB 飲食店 メニュー開発

この方法が一番オリジナルの PB が 開発 できるシステムです。自社でセントラルキッチン(以降CK)を作り、自社のメニューの仕込みを一括で行い、各店舗に配送するチェーンキッチンシステムです。イデアレストでは、製造する食材に即した営業許可書取得から、CKの効率の良いレイアウトと厨房機器の選定、発注システムの選定、発送の梱包方法、各店からの発注方法や仕入れなどの管理方法、発送方法に至るまでフルサポートいたします。

自社開発・製造のPB 飲食店 メニュー開発 の詳細はこちらをクリック!

 

食品工場活用によるPB 飲食店 メニュー開発

PB 製造を委託する食品工場の課題は、製造ロットにあります。製造ロットとは、1度の発注で食品工場が1度に作る食品量のことを言います。
店舗数が10店舗以下の店舗数の場合、発注数と製造ロットが折り合わず、対応してくれる食品加工工場が少ないのが現状です。
しかし、弊社ではこの課題をクリアする小ロットで製造可能な食品加工工場のご紹介から メニュー開発 に至るまで、しっかりサポートさせていただきます。

食品工場活用によるPB 飲食店メニュー開発 の詳細はこちらをクリック!

【新サービス登場!】有名チェーン店のメニューを自店で販売できる 飲食店メニュー開発

調理技術を要する本格的料理である「タイ料理の代表的メニュー“トムヤムクン”や“ガパオ”・ベトナム料理の“フォー”や“バインミー”・韓国料理の“チーズタッカルビ”や“参鶏湯(サムゲタン)”・ヘルシーフードのヴィーガンフードなど。そして、定番のカレールー、沖縄そば、ハンバーグやグリル料理、餃子、和洋菓子類、ラーメン、もつ鍋などを貴店で販売可能とする新サービスです。

有名店の味(PB商品)を導入(半調理加工食品や冷凍麺など)し、スタッフの技術力に依存せず、新しい設備機器を導入することもなく、自店の厨房設備を極力活用して販売ができ、パートやアルバイトでも調理ができるように調理指導を行なうことで、“かんたん”名店の味を販売できます。

是非、お気軽にご相談ください。

有名チェーン店のメニューを自店で販売できる 飲食店メニュー開発 はこちらをクリック!

PB 飲食店 メニュー開発 で異業種事業開発プロデュース(リアルorリモート対応可)

事業を行う上で、保険となるのが最低2つの異業種を事業化できるかにかかっています。飲食店は出店が容易で、競合店となる後発の飲食店は、自店の分析を行い戦いを挑んできますし、少子化により街の客層も営業を続けていると変化しますから、お店の売上が増減することが多々あります。そこで。重要なのが異業種参入。要は「二足の草鞋(わらじ)を履くこと」1足は外食、もう1足、それが、“PB商品を活用した新たなビジネス”です。イデアレストがおすすめする異業種とは「食物販または地下食催事出店」や「通信販売」です。

飲食店を出店するのは費用もかかりますが、この2つの事業は、飲食店と比較すると比較的安く始めることが可能ですし、外食で培った接客サービスや調理技術をフルに活かせる素晴らしいビジネスです。

このプロデュースは、対面型での打ち合わせを行う『リアル型プロデュース』と『ズーム(zoom)を活用したリモート型ブロデュースをお選びいただけます。

是非、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

 


■ 飲食店メニュー開発 料金

◯飲食店メニュー開発の料金は、まず、お電話にて、ご要望をヒアリングを実施させていただき、
別途お見積申し上げます
お問合せフォームはこちらへ